吹田市で家族葬をあげるなら?

家族葬はいま注目されている葬儀形式となっています。そんな家族葬が選ばれる理由とは?また家族葬におけるメリットとは?注意点も含めて家族葬についてご紹介いたします。

家族葬がいま選ばれている理由とは

家族葬

吹田市、ここには移住してきた人も多く非常に住みやすい街とされています。地元を離れてここに移住、そして両親も呼んで一緒に住んでいる人もいるもの、そんな吹田市でも葬儀方法として選ばれているのが家族葬です。一般葬も勿論行なわれていますが現在よく選ばれている家族葬は一体どうしてその需要を伸ばしているのか?ご紹介いたします。家族葬は厳密な形式はないものの、親しい方を中心にお見送りするお葬式の総称をいいます。家族葬、とされていますが親しい友人も含まれていますので、誰を呼ぶか、という決まりはなく少人数であげるお葬式、というのが正しい認識です。明確な定義はなく、葬儀社に依頼するときも人数でプランを決めるのが一般的、20人、40人などのプランを設けられていることが多いです。高齢化社会の今、葬儀に参列する人は非常に減っている傾向にあります。

また地元を離れて暮らしている人が多い中、遠方である地元から人を呼ぶのが難しい、というのが現状です。そのため一般葬では少々大がかりになりすぎる傾向が多く、しかも費用もかさんでしまう、そのため家族葬という形式をとってちょうどいいお葬式をあげる、という人が増えているのです。親しい友人を呼ぶ人も勿論いますが、大半が子供や孫、兄弟姉妹だけとなっており故人が高齢である場合友人も高齢であることが多く、参列できる状態ではない場合も多いので家族葬という形式は自分たちの人数に合わせた規模のお葬式ができるということでとても人気なのです。

現代のニーズにあわせやすい家族葬、直葬という形も勿論とれますが、一連の形式が一般葬とそこまで変わらない、けれど人数が少ないので費用も安くおさえられます。流れは一般葬と変わらないので遺族の心の整理をする時間もしっかりとることができ、お見送りを大事にすることも可能です。家族葬は現代社会においてよく選ばれている方法、有名人芸能人の葬儀でも選ばれており、需要をのばしています。

家族葬がおすすめな人って?

家族葬

家族葬は一般葬に比べて遺族の気持ちを尊重したお葬式の形式といわれています。お葬式というのはもともと故人を見送るためではありますが、その精神的な意味合いは基本遺族の方々のためのものとされています。遺族の方々が故人の死を受け止めて最後の時間をともにすごし、ご冥福を祈る……それがお葬式をあげるときの重要な部分です。しかし一般葬の場合受付や参列者の方々を対応するのにおわれてなかなか故人の死を向き合う時間がとれない、というのが実情で、悲しみを乗り込めるために少しでも忙しいほうがいい、という場合以外はあまりおすすめできない方法でもあるのです。

勿論故人の生前の社会的地位などによって一般葬が必要な場合もありますが、家族葬の方が遺族の方々にとってメリットが多いのです。家族葬をおすすめした人の特徴として挙げられるのが身内や近しい人だけでアットホームに送りたい人、小さな葬儀で心をこめてお送りたい、無理のないお別れがしたい、と考えてる人です。規模が小さい分参列者の方々を考える必要があまりなく、お葬式にも存分に故人のこだわりを入れることもできます。

音楽葬や絵画葬、コメント葬などが代表的で、しめやかに行なうのではなく好きな音楽をかけてにぎやかにしてほしい!という場合も家族葬ならそれを反映しやすいです。そして少人数だからこそ、家族みんなが近い距離でお見送りができるというメリットがあります。家族葬が選ばれている理由としてはメインのものとなっており、時代上どうしても家族以外の人間とは疎遠になりがち、けれど家族との繋がりはそう変わるものではないです。なので遺族だけではなく故人も、ごく近しい人間で心をこめて見送ってほしい、そう考える人がとても多いものとなっています。

お葬式のタイミングは突然訪れるもの、時間がない最中でできることは非常に限られています。心痛の中遺族にできることは心をこめて送ること、それに適しているのが家族葬という形となっています。こうした理由から家族葬を希望されるケースが多いので、最後の時間を濃密に過ごしたい、そんな人にとてもおすすめな葬儀方法となっています。

家族葬をするにあたり注意しておきたいことって?

家族葬

メリットばかりを見て注意点を見逃していると意図しないトラブルも起こってしまいます。家族葬はとても画期的な葬儀方法ではありますが、きちんと注意点も踏まえて選びたいものなのです。まず限られた人数での葬儀となり家族葬は参列していただく人に対してきちんと理解を得るのが大事です。香典についても遠慮する旨など、きちんとお伝えしておく必要があります。また当日はこなくても後日に参列する人もいるのでその対応をしなくてはならない、というのも家族葬ならではです。

参列できないことを不満に思う人も勿論いるので、そういうことがないように気を遣う必要があります。そして費用の面、家族葬は規模が小さいのでその分費用をおさえやすい傾向にありますが、香典を遠慮する場合トータルして考えると結局一般葬とあまり変わらない、という傾向もあります。こだわりの家族葬をする場合一般葬よりも高くつくこともあるので、事前にしっかり葬儀社に問い合わせ、見積もりをお願いしておかないとならないです。何も考えずに家族葬をお願いするというのは危険な部分もあるので、こうした注意点を把握しておきしっかり計画をたてて行ないたいものとなっています。

家族葬を依頼する葬儀社をしっかりと選ぶ

家族葬

吹田市にもたくさんの葬儀社があり、プランもたくさん設けられています。今多様化している葬儀の形にそれぞれ対応しており、一般葬は勿論のこと家族葬、一日葬、直葬さまざまなプランに対応しています。お葬式にはこうしなければならない、という法的な基準はないです。24時間遺体を安置する、というのをきちんとしていればお葬式をしてもしなくても法的には問題ないのです。ですがお葬式を通して感じられる精神的な繋がりは大事にしたいもの、そのためにもさまざまなサービスを設けている葬儀社があります。

いざお葬式が必要になったときに準備するのではなく、なにか起こる前にきちんと葬儀社を選んでおいて各社のサービスや見積もりを比較し、考えておくのが大事です。葬儀は事前の準備がとても大事、中には終活で自分の葬儀についてきちんと計画を立てている人も多いです。いざ葬儀という段階になったとき、冷静な判断ができる人はそういないものです。また葬儀に関して全てを完璧にこなせるわけではないです。吹田市には思い出に残るお葬式をしていただくためにサービスを用意している葬儀社があります。

安心定額プランを設けていたり、僧侶派遣サービスで僧侶を手配してくれたり、またこだわりの葬儀に関してもしっかり手配してくれるところもあります。遠方から参列者をお招きする場合には宿泊の部屋も自社で用意してくれるところもあったりと非常にサービスが行き届いています。いざとなったときに強力サポート!そんな葬儀社が吹田市にはありますので、最後のセレモニーに是非利用したところです。